車寿命

同じ車に長く乗っていると「車の寿命って何年なんだろう?」と疑問に思うことがありますよね。こちらでは、走行距離やエンジンの状態の観点から、車の寿命について解説いたします。

車の寿命は壊れるまで

車の寿命は利用年数と走行距離を基準に考えます。日本の車の「1年間平均走行距離」は1万キロです。10年経過すると10万キロ走ることになりますが、10万キロで交換必須になる部品が多くあります。次の車検で走行距離10万キロ前後になる方は、いつもより多くの車検費用を覚悟しておきましょう。

古い車はパーツ交換が多く必要になったり、エンジン劣化で燃費も悪くなっているので、維持費を考えると必ずしも経済的とは言えません。まったく買い替えを検討して来なかった方も10万キロ近く走ったら、買い替えを検討されることをおすすめします。

当たり前ですが、車は壊れなけれいつまでも乗ることができるので車の寿命は存在しません。ですが、長く乗りすぎると市場価値がなくなって売れなくなります。査定に出しても値段が付かず、誰も買取ってくれない…。という状況ですね(^_^;)

「車が走れる寿命」と、「車の価値の寿命」は分けて考えなくてはいけません。

価値が0円になるほど乗り続けるのは損

車の価値は時間とともに減っていきますが、一般的に区切りになるのが3年3万キロや5年5万キロです。

3年3万キロ前後の車は中古車市場でも人気が高く、早く買い手が見つかるため買取る側もある程度まとまった金額で買取ってくれます。

5年5万キロ前後は人気車なら高く売れる可能性がありますが、不人気車だと5年でディーラー下取り0円の車もあります。5年経過するとモデルチェンジした車(新型車)がリリースされている可能性が高くなります。もし、今乗っている車種がすでにモデルチェンジしていたら買取価格の大幅ダウンは避けられません。

走行距離、利用年数、どちらを見ても5年5万キロは判断の分かれ目になりますので、買い替えを検討しているなら早めに査定を受けておくことをおすすめします。

ちなみに、10年以上乗っている車は、ディーラー下取り0円の可能性大です。

車の査定方法は2つある

車の査定を受ける方法は、大きく分けて2つあります。

  1. ディーラーの下取り査定
  2. ガリバーやラビット、ビッグモーターなどの車買取業者の買取査定

ディーラーの下取りは、車種や年数、走行距離で買取額が決まっている場合がほとんどなので価格交渉ができません。※今乗っている車と違うメーカーの車に買い替える場合は、新しいメーカーのディーラーで下取りに出すことになりますが、下取り額が非常に安くなるので注意が必要です。

一方、ガリバーやラビット、ビッグモーターなどの車買取業者には決まった買取価格がありません。また、買取業者は競合他社が多いので価格交渉しやすいです。

価格交渉しやすいからと言って、買取業者を1件ずつまわって査定を受けるのは時間や手間がかかるので、おすすめできません。何よりも買取業者同士の競争が起きないので買取価格があがりません。

車を高く売るなら「かんたん車査定ガイド」の一括査定

買取価格を比較するなら一括査定がおすすめです。一度に最大10社の買取業者から査定してもらえるので、自分の車が最高いくらで売れるのかがわかります。車を少しでも高く売りたい方は利用しない手はありません。

一括査定はいくつか似たようなサービスがありますが、ご紹介している「かんたん車査定ガイド」が使いやすくておすすめです。他の一括査定サービスよりも入力が簡単で大体の買取価格もすぐにわかるのもありがたいです。※査定額に納得できなければ売らなくてもOKです。

「かんたん車査定ガイド」で無料査定

10年以上乗っていて、下取り0円の車や廃車費用が必要と言われた車でも、一括査定で値段がつくことはめずらしくありません。一括査定は完全無料で利用できるので、あきらめずに査定を受けることが大切です。

走行距離10万キロを基準にしよう

走行距離に限界はありませんが、10万キロ走ったら一度買い替えを検討しましょう。10万キロ走ると、交換が必要な部品がでてきます。

  • タイミングベルト
  • エンジンマウント
  • ウォーターポンプ
  • ラジエターホース
  • オルタネーターブラシ
  • 燃料フィルター
  • タイロッドエンド

タイミングベルトは切れてしまうと走れなくなってしまうので、10万キロ走ったら必ず交換が必要になります。10万キロ以上走っているのに交換していない方は、次回車検時に交換になるはずです。心配な方は、ディーラーで見てもらいましょう。

13年経過すると税金アップ

自動車税

毎年払っている自動車税と自動車重量税ですが、新車登録してから13年経過すると税率が上がります。

中古車の場合、前オーナーの所有期間も含まれますので気がついたら税率が上がっていた!となりかねませんの注意が必要です。車の寿命ばかりに目がいって維持費が増えてしまったら意味がありません。

乗りつぶすは存在しない

よく、「車は乗りつぶすのが一番経済的だ!」という言葉を目にしますが、果たして乗りつぶすって何年なのでしょうか?

道路を走っていて動かなくなりました。乗りつぶし完了。そんな訳ありませんよね。こう考えてみると乗りつぶすという言葉はあやふやな意味しか持っていないとわかります。

走行距離に限界はない

車の寿命を考えるとき走行距離が一つの目安になります。日本人の年間平均走行距離は1年1万キロになります。3年乗っていれば3万キロ。5年乗っていれば5万キロ。10年乗っていれば10万キロです。

10万キロ以上走っている車は、ほとんどの場合下取り価格がつきません。つまりゼロ査定です。最悪の場合、廃車費用を払って処分してもらうこともあります。

走行距離に限界はありませんが、売れないほど長く利用してしまうと、自分の首を締めることになります。

車の寿命は運転の仕方で変わる

ドライブ

車の寿命はドライバーの運転が上手か下手かで大きく変わります。具体的に何が上手く何が下手なのかを言うと、車の発進、停車、ハンドリングなどです。急発進、急停車が多い方の車はタイヤの減りが早いです。タイヤが傷んだ状態で走るわけですから当然エンジンに負荷がかかり、その負荷は車全体に伝わり車の寿命を縮めてしまいます。

また、都心部では道や駐車スペースが狭く、何度もハンドルを切らなければならずタイヤが気付かないうちにすり減っていきます。運転が下手な方は、余計にハンドル切ることになりますので、タイヤの劣化につながり、エンジンの劣化、最終的に車の劣化に繋がります。

運転テクニックがあるかどうかで、車の寿命は1、2年と変わってきます。当然運転が上手い人の方が車は長持ちします。

日々の車メンテナンス

車のメンテナンス

車好きな方は、休日に車のメンテナンスをされることも多いかと思います。しかし、一方で車に興味の無い方はメンテナンスをあまり行わない傾向にあります。

メンテナンスをあまりされない方でも、エンジン回りだけは気を使ったほうが良いです。具体的にはエンジンオイルを交換します。走行距離5000キロ毎に交換しましょう。5000キロ走っていなくても半年たったらオイルが劣化していますので交換してください。普通乗用車、軽自動車に関係なく交換を実施してください。

また、オイルエレメントと呼ばれるエンジンオイルを濾過するフィルターがありますが、こちらもオイル交換をする際に交換しましょう。オイル交換のたびに交換する必要はなくオイル交換2回に対しに1回の割合でOKです。

きれいに濾過されていないオイルがエンジンに流れるとエンジンを故障させてしまう原因になります。自分でできない方は、半年や一年に一回のディーラー点検の際に見てもらいましょう。

環境・メンテナンス変わる車の寿命

生活環境によっても車の寿命は左右されます。

海の近くに住んでいる場合

海の近くに住んでいる方は、潮風の影響で車の劣化が早くなります。潮風は塩分を含んでいますので車がサビやすくなります。感覚としては、潮風の影響を受けない車と受ける車の寿命は倍程度違うように感じます。

少しでも長く車に乗りたいなら、ボンネットやドア、フェンダーやトランクの折り返しなど、錆びやすい箇所に防錆スプレーを使用しておくだけでも効果があります。高いものではありませんので用意しておくことをおすすめします。

スプレーだけでなく、洗車をするなどしてメンテナンスを行っているかでも車を長く使えるか変わってきます。海沿いにお住いの方は週一回以上洗車をするようにしましょう。

雪が多い地域に住んでいる場合

日本海側、東北地方、北海道など雪の多い地域にお住まいの方は車足回りの劣化が早くなります。都心部の道路には凍結防止剤が撒かれていますが、そこには塩が含まれています。

そのため、防腐剤が撒かれた道路を走ると塩の影響で車の足回りのエンジン、タイヤ、バッテリー、排気口などが錆びやすくなります。雪道を走行した後は高圧洗浄機などを使って車の足回りを洗うことで車の寿命を伸ばすことができます。

駐車環境による違い

屋根あり、屋根なしどちらの駐車スペースを利用しているかでも違いが生まれます。当然ですが、屋根なしの駐車スペースに車を停めていると風や雨、寒さ暑さに晒されることになります。

こうした環境が長くなると、ボディ全体の劣化に加えバッテリーやエンジン、タイヤの劣化に繋がります。部品が痛むということは車の寿命そのものを短くしてしまいます。同じ車に長く乗るつもりであれば、屋根付き、できれば四方を壁で覆われているスペースに駐車するようにしましょう。

車の各パーツ・部品の寿命

ここで車の部品ごとの寿命を見てみましょう。

タイミングベルト

タイミングベルトの交換目安はおおよそ走行距離10万キロです。これは、軽自動車、普通車にかかわらずです。タイミングベルトはエンジンを駆動させるための部品です。仮に走行中に切れるとアクセルを踏み込んでもガス欠と同じように車が動かなくなります。もし走行中だったらと考えるとかなり怖いですよね。

車検のタイミングで交換になる場合がほとんどですが、年間走行距離が多い方は車検までの間に自主的に交換が必要になることもあります。少しでも不具合を感じたらディーラーや車を購入した販売店に確認してもらうようにしましょう。

ウォターポンプ

ウォーターポンプはタイミングベルトと同じく、10万キロを超えたら交換するのが一般的です。ウォーターポンプはエンジンへ冷却水を循環させるためのパーツになります。循環させる冷却水は防錆効果のある水になるので、車内部の錆を防ぐ役割もあります。

ウォーターポンプを交換せず故障すると、エンジンを冷やすための「エンジン冷却水」をラジエータへ送ることができなくなります。そうするとエンジンの温度が上昇、オーバーヒートを起こし最終的にエンジンが故障してしまいます。

ウォーターポンプの修理代の目安は部品代と作業代込みで1万円~3万円です。走行距離10万キロを超えたら、タイミングベルトと合わせて交換をおこないましょう

まとめ

車の寿命に明確な年数や基準はありませんが、大きな指標となるのが走行距離です。3万キロ、5万キロ未満の車は高く売れますが、10万キロを超えた車は下取り査定額はほぼ0円でしょう。

長く乗ることだけを考えずに、必要な時に買い替えることが大切です。買い替える理由があるのであれば、もったいなくなんかありません。それば正しいお金の使い方です。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存